知らない土地での病院探し

転勤に伴い見知らぬ地に引っ越したため、半年間で病院探し・選びを何度も行なった。

引っ越し後、最初に探したのは歯科。家族で健診を受けるためにネットで口コミや距離、交通手段を調べて行ってみた。

車を持たない私には距離と交通手段がまず優先されていたが、意外にも口コミの信憑性は高いようで医者選びにも役に立つことがよくわかった。

口コミは地元の人が書くためか医院への愛着が強く、評価が高いものが多い。そこで最終的に選ぶポイントとなったものは独自の対策や取り組みであった。

かかりつけになるかは行って見ないとわからないかもしれないが、医院独自の対策や取り組みは、今後の私のライフプランにも関わってくると考えられた。

たくさんの病院やクリニックがある中で、特性や独自性をネットだけでそれなりに見極められるのは本当にありがたかった。

また、都内に越して数日後、出先の新宿にて急に腹痛に襲われ、駅のトイレから動けなくなった。

というか、さしこみでうずくまるのにトイレ以外に避難できる場所を知らなかったから。
少し落ち着いてきたので携帯を出してGPSを頼りに西口の内科クリニックを探して診察をしてもらった。

地元にいる時は”病院をネット調べる”ということがあまりなかったため、引っ越しを機にいい経験ができた。